腰痛

画像の説明

自分の経験から

プロフィール
これまでに1万人以上の方を見させていただきました。

その中でも一位、二位を争うほどの多くある
悩みが腰痛です。

そんな多くの方が悩む腰痛ですが、
私自身が、腰痛やぎっくり腰、
坐骨神経痛に悩んだことがあります。

ひどい時には階段を手すりを使わないと歩けなかったこともありました。

そんな経験から腰痛の辛さを和らげてあげたい。

と思うようになり、腰痛に悩む方の力になり、
出来る限り楽になれるようにしております。
腰がいたい・・・

腰痛は肩こりと同じように、国民病とも言われるほど
多くなってきましたね。

高校生の頃から腰痛持ち。
家事をやっていて主婦の方が動けなくなった。
物を持とうとして腰に来た

こんな悩みを持っている方も少なくないと思います。

そして、いつも腰が痛い慢性痛の方もいらっしゃいます。

本当に幅広く10代の方からご年配の方まで
と悩んでいる方が多いのが特徴です。

手術?入院?それとも・・・

ぎっくり腰など辛い症状が出たときは、
みんな冷や汗ものです。

特に繰り返している方は
入院を考えたり、手術を行う方も
いらっしゃいます。

ですが、仕事や家事、育児、介護など
お休みできないことがあると
そうはいかないですので、
予防のための整体や
鍼灸・マッサージはおすすめです。

保険は使えるの?

交通事故など怪我であれば、
保険を使える可能性が高いです。

保険が適用できる接骨院さんや鍼灸院さんに
相談されると良いと思います。

ただ、慢性化していたり、
いつの間にか出てきた症状などのように
状況がはっきりわかっていないものは
保険適用が難しいのでご注意くださいね。

再発を防ぐためにも根本的な原因を見ていきましょう。

腰痛はなんでなるの?

実は・・・。
病院での検査で腰痛の8割は原因不明
と言われています。

ということは・・・

なんで腰痛が出ているのか、
ほぼわからないのです。

ただ、要因となっているものが幾つかあります。

体が歪んでいるかも・・・

体がゆがんでいる場合は、
腰痛が出ることが多いです。

この場合は、全身のバランスが悪く
腰の筋肉に負荷がかかると痛みが出やすいです。

この場合は、全身のバランスを
整えることが必要と考えられます。

椎間板ヘルニアのせい?

椎間板ヘルニアと診断されていても、

実は・・・

椎間板ヘルニアのせいで、腰痛になっている方は
経験上少ないと思います。

もし椎間板ヘルニアの場合は、
背骨の位置を正常な位置に戻す。

これにより、神経を圧迫している箇所の
圧力を緩めます。

その状態でしばらく生活することで、
ヘルニア部分が体内に吸収され
痛みが消える可能性があります。

筋肉もしくは、神経の負荷が減ることで
腰痛が自然と消滅していきます。

姿勢がわるい?

姿勢は多くの方に当てはまります。

ただ、姿勢が原因というより、
姿勢が悪くなったさらに奥の原因が
気になります。

運動不足なのか、クセがあるのか・・・。

人によって違います。

お話をお聞きしながら、
一緒に何が要因に
なっているのかを探していきます。

血行不良?

冷えや運動不足や自律神経系の乱れ
など様々な要因で起こります。

姿勢と同じで、血行が悪くなっている
さらに奥の要因が気になります。

ストレスや考え方が影響していることも
ありますので、ストレスについても
お聞きしていきます。