さとう式リンパケアとは

歯科医師・佐藤青児先生が考えた健康法のさとう式リンパケアは、アゴの関節運動を利用して、「口腔」から身体全体をゆるめ、リンパを流れ易くし、循環障害を改善する健康法です。

元々は、歯科医療において、顎関節症を和らげる治療の一環として、生まれました。
そこから研究を重ねた、佐藤先生により、全身にも応用がきく手法へと発展していきました。(現在でも進化し続けています。)

一般的に皆さんが良く聞く「リンパマッサージ」では、リンパ管内のリンパ液のみを押し流そうとするものです。

さとう式リンパケアでは、リンパ管内に入る前の「組織液」=体液を含めた、リンパ液の流れを促す手法となります。

押さない・揉まない・引っ張らない?

その為、一般的なマッサージや整体では考えられない、「押さない・揉まない・引っ張らない」手法で筋肉を緩めていく事ができます。

そうする事で筋肉が緩み、自らの力で循環が改善すると、この間質リンパ液を含めた、リンパ液が自然と流れていきます。

さらに、血管やリンパ液の流れが促進される為、シワ・たるみ・むくみ・くすみにも即効性を発揮するのです。

最近では、一部の歯科医院や治療院・整体院などで、このさとう式リンパケアが取り入れられるようになってきました。

更に詳しい事に関しては、さとう式リンパケア公式HPをご覧下さい。
さとう式HP